安養寺 (あんようじ)

所在地
宮城県仙台市青葉区下愛子字舘37
アクセス
仙山線陸前落合駅から徒歩18分
宗旨・宗派
曹洞宗
  • 安養寺
  • 安養寺
  • 安養寺
  • 安養寺
  • 安養寺
所在地
宮城県仙台市青葉区下愛子字舘37  
アクセス
仙山線陸前落合駅から徒歩18分  
宗旨・宗派
曹洞宗  
  • 一般的な霊園
  • お寺の墓地

永代使用料
40.0 万円~ 永代使用料とは
総額
お問い合わせください

愛子エリアを眼下に眺望豊かな寺院

宮城県仙台市に位置する、豊かな緑に囲まれた寺院墓地です。
仙山線「陸前落合駅」より車で約7分とアクセス良好な立地にあります。
住宅地から離れているので、静かな環境でお参り頂けます。

文治5年(1189)頼朝の平泉征討のとき藤原秀衡の女児5歳を家来石塚民部守時と妻小萩が護って一時加美郡色麻村清水時に身を寄せ、元久2年(1205)に仙台福沢の尼寺に移りました。
姫は成長の後、安養院と称し藤原氏に縁のあった安養寺に移って藤原家の菩提を弔ったと云います。

時代を経て慶長の初期1600年頃松音寺第7世霊堂文徹和尚が安養寺の復興に当たったが、慶長13年(1608)境内に侵入し狩猟する武士を喝破した遺恨により焼打ちとの内報を受け、聖徳太子像を背負って天神囲(場所不明、現地付近と思われる)に逃れ、泰盛山安養寺として開山。平成元年開山380回忌で大改修が完工しました。

安養寺の護持佛・十一面観音は、小萩観音と呼ばれており、今は変遷を経て仙岳院に祭られています。
かつては榴岡天満宮別当の仏生寺にあったとの事です。
子易地蔵尊は昭和39年建立。聖徳太子堂は昭和8年の建立。380年前に和尚様が背負った太子像が祀られています。


◎お車でお越しの方も安心の駐車場完備

安養寺の周辺地図

安養寺概要

名称
安養寺
所在地
宮城県仙台市青葉区下愛子字舘37
交通アクセス

電車でのアクセス

お車でのアクセス ▼仙山線「陸前落合駅」より車で約7分

霊園区分
寺院
宗旨・宗派
曹洞宗
開園年
 
総区画数
 
設備
バリアフリー、法要施設・多目的ホール、駐車場、永代供養施設・納骨施設

こちらとよく一緒に閲覧されている霊園

近隣のエリアから霊園を探す

南部
北部

安養寺の霊園・墓地に関するよくある質問

安養寺の住所はどこですか?

住所は、宮城県仙台市青葉区下愛子字舘37です。地図はこちらをご確認ください。

安養寺の設備は何がありますか?

霊園設備としては、バリアフリー,法要施設・多目的ホール,駐車場,永代供養施設・納骨施設があります。詳細はこちらをご確認ください。

安養寺は民営でしょうか?公営でしょうか?

安養寺は寺院です。詳細はこちらをご確認ください。

サイト利用の注意事項

※担当者が現地に常時待機しているわけではございません。【霊園に直接行かれたい場合】は「お客様センター(0120-969-148)」まであらかじめご連絡ください。※資料請求・見学予約・ご相談はすべて「無料」です。
※一度の資料請求が15件を超える場合は、絞り込みさせていただくことがございます。
※ご希望の霊園・墓地所在地が、お住まいより遠方にある場合には、確認のご連絡をさせていただくことがございます。
※資料は霊園または提携石材店よりお届けいたします。複数の霊園・墓地にて資料請求された場合、数社からご連絡がいくことがございます。
※運営主体・寺院の事情等により、インターネット上に掲載できない霊園・墓地もございます。掲載されている霊園・墓地以外の情報をお知りになりたい方は、インターネット相談・問い合わせ またはお電話にてお問い合わせください。
※空き区画の状況は常時変動がございます。また、価格改訂等により、掲載情報が実際とは異なる場合もございます。
※掲載されている情報に関して、事実と異なる情報、誤解を招く表記などがございましたら、霊園墓地のサイト掲載情報までご連絡願います。